幼児期 どもり

幼児期にどもりは始まると言われています。 具体的には、言葉が発達する2歳頃から5歳頃に起こるようです。 どもり(吃音)は、吃音症(きつおんしょう)という言語障害の一種として考えられています。
言葉をしゃべる際に、「お、お、おかあさん」というように言葉をつづけて話してしまったり、 または、「……あ、…あのね……」というように無音状態が続いてしまうという症状です。
幼児期に起こるどもりの原因はまだ解明されていないのですが、言葉をしゃべる時に周りの人に せかされたり、しゃべりをからかわれたり、親からしゃべっている時に注意されたりと 心理的なストレスやプレッシャーによるものが大半を占めています。

幼児期に発症するどもり(吃音)はる一次性吃音と呼ばれるのですが、約50%の幼児が小学校入学後に自然と治るようです。 大人になってもどもりが続く人は100人に1人といわれています。 幼児期のどもりの割合は、男の子の方が女の子よりも多いようです。3倍以上の開きを見せています。


どもり対策


どもりの直し方


どもり対策


どもりの直し方

幼児期のどもりの矯正法

幼児期のどもりの矯正法は、いくつかあるのですが、主なものとしてはストレスやプレッシャーを与えないようにすることです。 人間は、12歳までに人から言われたり教わったりしたことを元に人格形成などをされるといいます。 ですので、幼児期のストレスなどはその後の将来について考える上でもとても問題になります。 幼児期でかかるプレッシャーなどの多くは、親のしつけが厳しすぎて緊張状態が続いてうまくしゃべれない。 幼稚園の友達に話す時にからかわれる。家庭の環境や雰囲気が緊張状態を余儀なくされるため、不安でしゃべれないなど。 色々な状況があります。解決の仕方も、一人一人違うため一つずつ原因を見つけて解決していく必要があります。 子どもと接する際には、話がうまくなくてもしっかりと聞いてあげて、不安などの状態がみえたら抱きしめてあげるなど してあげるとよいでしょう。 人間は、抱きしめられることで安心感などを得ることができます。その積み重ねでどもりもよくなるかもしれません。 なかなか治らない場合は、矯正法が色々と販売されていますのでそちらを使用する手もあります。 子どもがうまくしゃべれるようになると親としてもとても安心できますし、学校から帰ってきて楽しそうに話をされると 幸せな気分になります。どもりがよくなって楽しい毎日が過ごせるといいですね。