幼児 どもり 原因

幼児のどもりの原因は、色々とあります。
特に小さな子の場合は、言葉を覚えたばかりなのでなかなかうまくしゃべれません。 どもり(吃音)は、言語障害の一種ととらえられていて、吃音症(きつおんしょう)と呼ばれているのですが、 言葉が上手に発することができない、「あ、あ、あのね」というように連続して話してしまう。

または、「……あ、…あ…のね」というように無音状態が続くなどの症状が起こります。 幼児の際に、話すことに対してプレッシャーやストレスを受けたりするとなりやすくなります。 精神的な面によるものが大きいのではないかということが最近の研究結果にてわかってきました。

どもり(吃音)に悩む人は、日本で100人に1人と言われています。
この大半が幼少期に受けた周囲からの言葉へからかいやプレッシャーなどのストレスによるものなのです。 ひどい場合には、大人になってから吃音(どもり)を理由に自ら命を絶つ人もでてきます。 それは、会社に入社しても電話でうまくしゃべれないことや上司や同僚、お客さんとうまく会話ができないことに 対して思い悩んでしまうからということです。 ですので、どもりは早いうちに治しておいたほうが得策です。


どもり対策


どもりの直し方


どもりの詳しい対策方法はこちら


どもりの直し方

幼児のどもりの克服法

幼児のどもりの克服法は、こどもにかかっているプレッシャーを取り払ってあげることが重要です。
幼児のどもりは、話すことに対してのプレッシャーやそれに対して周りからまねされたり、からかわれたりすることでなることが多いです。 特に親の見えないところで起こっている可能性があります。また、親自身がどもりの発生源になっている場合があります。
主な例は次のとおりです。
■心理的なプレッシャー・ストレス
・幼稚園の友達と話す時に緊張してうまく話せない
・うまく話せないので、周りにからかわれる。
・親がしつけに厳しいために、幼児がしゃべっている時に間違いがあると注意する。
・家庭内の雰囲気が張り詰めているため常に緊張状態にある。もしくは怒られる環境になっている。

以上のようなことで、幼児はとても不安を抱えてしまい、うまくしゃべれずどもりになってしまうようです。 つまりは、心理的プレッシャーを取り除いてあげればよいということになります。 ですので、幼児がしゃべろうとしているときは、話を遮らずゆったりとした気持で「うん、うん」と聞いてあげてください。 それでも治らない場合や早く治そうとする場合は、矯正プログラムなどを使用するとよいでしょう。