ウォシュレット 価格

ウォシュレットの価格は機能や性能などによって決まります。
ウォシュレットの価格の比較をされると思いますが、まず大まかにウォシュレットのタイプをご紹介します。 ウォシュレットのタイプを分けると2パターンしかありません。
1.便器の交換をしなくても後付けできるタイプ
-これは、便座部分だけを交換すれば使えるタイプです。
2.便器の交換が必要でタンクと一体になっているタイプ
-これは、便器ごと交換するタイプになります。
それぞれにメリットとデメリットがあります。
1.便器の交換をしなくても後付けできるタイプ
・メリット:値段が安くて済む(1万円後半〜5万円程度)。自分で取り付けが可能。
・デメリット:つけられている機能が最低限。汚れが付き易く掃除が面倒。

2.便器の交換が必要でタンクと一体になっているタイプ
・メリット:機能がたくさんついている。汚れが付きにくく掃除が楽。節水設計がなされている。
・デメリット:値段が高くなる。(20〜30万円程度)自分では、ウォシュレットを取り付けることができないので費用を払って業者に頼む必要がある。
大体一般家庭では、1の後付けタイプになると思います。 2のタイプは、最近新しいビルなどについているタイプです。

スポンサードリンク

ウォシュレットの価格(楽天通販)を確認するにはこちら

ウォシュレット 価格比較

ウォシュレットは価格帯によって機能や性能が違ってきます。
<価格帯>
2〜4万円程度:乾燥機能なし。脱臭機能は付いています。
4〜7万円程度:乾燥機能つき。便座自動開閉。この価格層は、店舗によって同じ商品でも様々なのでよく調べた方がいいでしょう。

■ウォシュレットを選ぶ際のポイント
1.脱臭機能 2.自動開閉機能 3.ステンレスのノズル
ウォシュレットを選ぶ際には、あった方がいい機能は上記のとおりなのですが、特に、2の便座の自動開閉機能はあった方がいいです。 省エネ設計がされているので、便座を閉じるか閉じないかで年間の電力消費量が変わってきます。最終的にお得なのは、自動開閉機能が付いているタイプです。 また、3のステンレスノズルタイプも購入費用があれば、こちらを購入した方がいいでしょう。 理由は、ウォシュレットは汚れやすいからです。男性の場合は、立って用をたすため、ノズルに用をたしているときにあたることがあります。 そのままにしておくと、尿が固まってしまい、ひどい状態になります。また、普通に使っていても、水汚れがでます。 家庭で、トイレは座ってすることと決まりを作り、週に1度は洗うなど、マメに掃除は行った方がいいでしょう。 それが面倒な場合は、価格が高くてもタンクレスタイプにしたほうがいいです。
■豆知識
実は、「ウォシュレット」はTOTOの商標です。 INAXの商標は「シャワートイレ」。 ウォシュレットの方が一般的な印象がすると思います。ちょっとした雑学としてどうぞ。 ウォシュレットの購入に関しては、ネットでどの商品を家に取り付けたいかを考えた上で一度量販店で取り付けができるか 確認してもらい、一番値段が安いところで買うのが一番よい買い方だと思います。 ウォシュレットをつけることで毎日が爽快になります。よい買い物ができるとよいですね。