職歴 アルバイト

職歴はアルバイトを加えていいのか?履歴書の書き方はどうすればいいのかが疑問に思うことでしょう。 正社員として働いたことがない人が就職面接を受ける際には、履歴書に職歴を記載した方ががいいのかについてですが、 派遣などの仕事などもしたことがない場合は履歴書に職歴としてアルバイト暦を記載した方が良いです。 履歴書に、アルバイト経験すらなく真白な状態で認められるのは新卒面接くらいなものです。 新卒面接の場合は職歴に学歴を記載します。 就職面接の際には履歴書と職務経歴書をセットで提出するのが一般的ですので、 職務経歴書の方にアルバイトでどんな経験をしたのか、どんな価値観で働いていたのかも併せて記載した方が 職歴をアピールする際に有効です。
アルバイトで働きたい場合は、履歴書に書きのように記載します。
○年○月 ○○コンビニ入社。(アルバイトとして接客・販売に従事)
○年○月 ○○コンビニ退社。(学業のため)
アルバイトを辞めて次のアルバイトにつく場合はこのように記載すれば大丈夫です。

スポンサードリンク

面接対策の商品(楽天通販)はこちら

履歴書への職歴の書き方

履歴書への職歴の書き方ですが、アルバイトも長期間働いていて学んだことがあれば書いた方がいいでしょう。 履歴所へは下記のように書きます。
○年○月 ファミリーレストラン、△△にアルバイトでホール係として勤務
○年○月 ファミリーレストラン、□□のため同アルバイトを終了
□は辞めた理由を記載しますが、学業であったり次のアルバイトをするためであったりを記載するといいでしょう。
また、職歴の書き方で必要ないことは極力書かないようにしましょう。 例えば、正社員として働く場合、お水(ホストやホステス)の世界などで働いていた場合は、書きたくない場合は、 職歴の中に書かなくても大丈夫です。 面接の際に、空白の期間がでますが、その期間に関しては「いくつかアルバイトをしていました」と答えればいいでしょう。 ただ、できるだけ職歴は偽らないで話した方がいいです。お水の世界などで働いていた場合、注目されるのは まともな受け答えができるかなどなので、面接での印象や言葉遣いが悪くなければ、お水の世界で働いていた際に接客能力を 学びましたと答えることもできます。逆になぜ、正社員として働きたいのかなどの理由を面接で答えられれば尚いいです。 また、就職したいと思っている仕事に関する勉強を独学していればさらにアピールするポイントになります。 職歴の書き方としては、あくまで自分を売り込むための道具にすぎません。 企業によりますが、フリーターであったりニートの期間が長くても、面接での印象やその企業にとってメリットと考えられる点が 見れれば採用につながります。むしろ、企業はどのような成果をもたらしてくれるかの期待値を買うためです。 これは、採用して仕事姿をみてみないと人事側も判断がつかないからです。 一番重要なのは、職歴としてアルバイトなどを記載した方がいいかではなく、面接官に自分は役に立つ存在だとアピールできれば よいので、そのネタになるのであれば積極的に記載しましょう!