スズメバチ巣のしくみ

スズメバチの巣について外側の構造と内側の構造について紹介します。 スズメバチの巣の外側はボール状で、内側は何段にも重なっています。 外側のボール状の皮は何枚も重ねられた層でできており、層と層の間には隙間があります。 空気を逃がさないことで、断熱効果と巣の内部の温度を一定に保つ作用があります。. 巣自体は、もろく外圧には弱いのですが、雨風などのには強く巣の内部を守る仕組みがしっかりしています。 巣の出入り口は1か所です。 巣は、働きバチが内側から外皮を削り取って細かく噛み砕き,巣盤や支柱の材料に再利用しながら巣自体を大きくしていきます。 スズメバチの巣の中央には太い柱が一本ありそれが支柱となって巣を支えています。 スズメバチの種類によって支柱や内側の断層はことなるのですが、断層は多くて10層以上になる場合もあります。 また、支柱も数本になる場合もあります。 この支柱は、とても頑丈に作られています。 スズメバチが産卵から成虫になるまでのおおよその目安ですが、約1ヶ月程度です。 成虫になると巣の作成の手伝いが増えるので巣の作成速度が速くなるため、巣ができてしまった場合は 早急に対応をした方が賢明です。

スポンサードリンク

スズメバチ対策商品(楽天通販)はこちら

スズメバチの駆除の仕方

スズメバチ巣が家に出来てしまったら早急に駆除を行う必要があります。ただし、自分で駆除することはお勧めしません。 刺された場合、棒で思いっきり殴られた痛みと同じくらいといいます。また腫れもひどく数日間続きます。 できるだけ業者に頼んむ方法を選択した方が良いでしょう。 スズメバチの駆除を業者に駆除を頼む場合は、 インターネットや地域の専門業者に依頼したほうが良いでしょう。 スズメバチ駆除費用は、巣の状況によりますが大体、1万円前後から5万円前後と見積もっておく方がいいでしょう。 スズメバチの夏から秋にかけて巣を作り始めます。 最近は都心でも見かけることがありますので、見つけた場合には業者に駆除を依頼しましょう。
自分で駆除する場合は、スズメバチを刺激しないように駆除を行ってください。 衣服の用意はもちろですが、専用退治スプレーを購入します。 スプレーの1本当たりの費用は2000円前後で念の為数本購入したほうがいいでしょう。 駆除する時は皮膚の露出はなくし全体を白系統にしましょうまた、手はゴム手袋などをするなど最善の注意を払いましょう。 専用防護服の販売もされていますが、費用は4万円前後です。
自分で駆除する費用を見積もると5、6千円から五万円程度でしょう(防護服を購入した場合) 刺された場合の治療費もリスクとして含めると費用に含めると5000円余分にかかるかもしれません。 危険・費用を考えた場合、駆除依頼をした方がよいと思います。