suica チャージ クレジット

suicaのチャージ方法は、suicaのタイプによって異なります。

■VIEWカードでオートチャージ
Suica付きビューカードであれば、オートチャージが使えます。 オートチャージとは、Suicaの残額が一定金額以下になると自動改札機にタッチして入場する際に、 あらかじめカードに設定しておいた金額分が自動的にクレジット決済引き落とされてSuicaにチャージされます。 券売機に並んでチャージが面倒な方にはおすすめです。 Suicaへのチャージ額は自分で自由に設定できます。 オートチャージされた金額は、後日指定の金融機関口座から引き落とされます。 また、オートチャージ以外でもSuicaはのチャージが可能です。 Suicaマークのある「ビューアルッテ」で、ビューカードでのクレジット決済でSuicaへチャージができます。

■コンビニでチャージ
ファミリーマートでチャージができます。 Suicaへチャージする際は店員に申し出ます。 レジにてSuicaへ最大20,000円までチャージすることができます。 ファミリーマートでは、チャージを1,000円・3,000円・5,000円・10,000円の4種類の中から選択できます。

スポンサードリンク

自宅でsuica チャージができる商品(楽天通販)はこちら

suica チャージ

■モバイルsuicaへチャージ
モバイルsuicaへのチャージは2種類に分かれます。
●「一般のモバイルSuica会員(クレジットカード登録有)」
チャージには、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行のいずれかの口座からモバイルバンキングサービス経由で オンラインチャージをする必要があります。事前にモバイルバンキングの利用申込を行なっておく必要発生します。
●「EASYモバイルSuica会員」
チャージの仕方は、NEWDAYSかファミリマートの現金チャージもしくは、銀行チャージです。 チャージ可能な金額は1,000円単位で、1回につき最大10,000円まで。

■suicaチャージの現状の問題点
クレジットカード型でないSuicaのチャージは基本的に駅で行うことになる。 モバイルSuicaはオンラインチャージが前提になっているため、パケット通信したくないが嫌だとか圏外でチャージできない 時に不便。学生などはクレジットカードは作れないため、逐一、駅などでチャージする必要があります。