生理前の腰痛とは

生理前はホルモンの影響で基礎体温が上がる影響なのか、イライラしたりにきびが増えたり、便秘になったりむくんだり…という症状が出てくる女性は多いかと思います。これは偶然の産物ではなく「生理前症候群」という名前のついた、女性ならば誰しも起こりうる可能性のある現象なんです。 その生理前症候群の症状のひとつに数えられるのが、「腰痛」です。これは生理が始まるかな…という頃にちょっと痛いというくらいのものから、もう痛すぎて動きたくない!というくらいに重い痛みのものまでさまざま、といいます。 なお、この腰の痛みは「基礎体温やホルモンバランスの変化による筋肉の過緊張」を原因としたものが多いのだそうです。もうすぐ生理だという憂鬱感や、イライラや体調の崩れから筋肉がいつもより余計に緊張するために、便秘や腰の痛みを起こしやすくなるそうなのですよ。


腰痛対策法はこちら!




腰痛対策方法はこちら



生理前の腰痛の予防策

生理前の腰痛は「骨盤を安定させる」ことでも予防ができるのだそうです。出産を終えたお母さん方が産後の体型戻しのために骨盤体操や「トコちゃんベルト」などの骨盤ベルトを利用したりしますが、こういった生理前の腰痛を防ぐのにも絶大な効果を発揮するんですよ。 そういった骨盤体操を行わなくても、治療のために整体に通うのも悪くありませんが、通い続けるとお金がかかってしまうのが困ってしまうところですよね(生理のたびに体調を整えるために治療、というのも大変ですよね)。 そういった方は、古澤式の腰痛改善プログラムを利用してもいいかもしません。一回マニュアルを購入すればそれが何回も使えますし、腰痛改善すると同時に骨盤の位置も安定してきますので、症状もだんだんと軽くなってくると思いますよ。

生理前の腰痛の治療

生理が始まる前〜生理中に腰痛になる方は少なくありません。そういった方が予防・治療策としてよく使うのが「腹巻きやお風呂で腰を温める」ということ。腰を暖めることで痛みが緩和される…という話ですが、これは、腰など骨盤周りの筋肉を温めることで生理前の過分に緊張した筋肉がほぐされるために、症状がやわらいでくるから、といわれているためなんです。 日ごろより負担のかかりやすい骨盤周りの筋肉は生理前になるとさらに緊張しやすくなるもので、体のトラブルの原因にもなります。昔から「女はお腹を冷やすな!」という格言がありますが、そういった体のトラブルを減らすためにも、お腹を温めておくことはとても大切なんですよ。最近出回っている古澤式の腰痛改善プログラムを試す前に、自分でも自衛手段を試しておきましょう!