レッドウィング(RedWing) エンジニア ブーツ

レッドウィング(RedWing)のエンジニアブーツは、アメリカのレッドウィング社が製造しているエンジニアブーツです。 エンジニアブーツの市場の中で、2万円から4万円程度で購入できるため、とても購入しやすいブーツと言えます。 日本の市場に出回っているブーツはレッドウィングエンジニアブーツといえます。 アッパーのレザーは軽くしなやかさがあり、防水性にも優れています。 ファッションの着回しとしては、ブーツカットジーンズと合わせるとよいです。 革の光沢さとジーンズの組み合わせがとてもかっこいいです。 また、トウが低くシャープな作りになっていてシルエットもかっこよく、ヒールはアーチになっています。 高価なエンジニアブーツにウエスコ(WESCO)社のものがありますが、値段が、8万円以上を超えるため とても高価となっています。 そこを行くと、レッドウィング(RedWing)は半分以下の金額で購入することができるため、いくつかのデザインパターンを 購入して着回しを増やしていくと、今年の着回しにバリュエーションがでると思います。 長持ちさせるために、エンジニアブーツ専用のミンクオイルを塗ってメンテナンスを行うと長く使えるので 値段から考えると費用対効果が高いブーツと言えます。とてもおすすめです。定番ブーツは2973,2268です。

スポンサードリンク

レッドウィング エンジニア ブーツ(楽天通販)はこちら

レッドウィング エンジニア ブーツおすすめ

レッドウィング(RedWing)のエンジニアブーツの中でも一番のオススメなのは、 定番モデルのエンジニアブーツRW2268です。
アッパーのレザーの輝きが絶妙で、インソールは汗に強い素材を使っています。 スティールトウは1トンの重量にも耐えら得れるようになっています。 抜群の機能性とデザインは秀逸なため文句無しのおすすめの一品といえるでしょう。 ブーツインで履くとかっこいいです。
また、レッドウィング(RedWing)エンジニアブーツ2973もお勧めです。
レッドウィングの2973はエンジニアブーツの中でもショートブーツになります。 総数もあまり多くないので貴重なブーツでしょう。通常のエンジニアブーツより着脱しやすくおすすめです。 定番であるエンジニアブーツの11インチ8インチのレングスにしたことで、エンジニアブーツのの耐久性を保ちつつも、 機動性のアップに成功しています。 使い込むほど味がでるレザーを使用していますので、長く使えば使うほどカッコよさが増してきます。 値段も3万円台とエンジニアブーツの中では比較的購入しやすい価格帯です。
今年の着回しにぜひ購入したい一品です。