マチュピチュ 別名

マチュピチュの別名は「失われた都市」、「空中都市」と言われています。 マチュピチュの別名である、「失われた都市」、「空中都市」の意味合いは、マチュピチュは、標高2280mにあり、 スペイン人からの略奪・破壊から免れるためにインカ人が作った街でもあります。 あまりに高い場所にあり、アグアスカリテンテスという町からバスで30分以上かかる場所に町があるため、スペイン人に見つかることが なく、今もなおその遺跡は保存されています。 また、空中都市の意名をとっていますが、名の通り、標高の高い場所に町があり、ところどころ柵がついていますが、柵を越えてしまうと すぐそこは崖になっているため、遠くからみると空中に都市がるように見えるため別名「空中都市」と言われているのでしょう。 また、マチュピチュは、南米のペルーにある世界遺産で、天空の城ラピュタの元となったことでも有名です。 ほぼ、知らない人はいないほど有名な世界遺産であり遺跡ですもあります。 マチュピチュ遺跡は、複合遺産と呼ばれており、ユネスコ世界遺産の中でも珍しく自然遺産と文化遺産の両方を得ています。 マチュピチュはアメリカの歴史学者であるビンガムが発見しました。


マチュピチュの関連情報はこちら


マチュピチュにタダで行く方法があります


マチュピチュの関連商品(楽天通販)はこちら



マチュピチュ ベストシーズン

マチュピチュのベストシーズンは、乾期にあたる 5月から8月です。 マチュピチュには雨期と乾期があります。雨期は11月から3月のようです。 マチュピチュはクスコから1000mくらい電車でくだり、アグアスカリテンテスという町から400メートル程登ったところに存在します。 高山にあるため、天候は変わりやすいため、服装は寒暖に耐えられるような服装をしていくとよいでしょう。 また、インカトレッキングと呼ばれる、ワイナピチュと呼ばれる場所に登ることができます。 毎年、何名かなくなる危険な場所ですが、乾期の時期に行けば、足もともしっかりしているのでなんとか大丈夫でしょう。 マチュピチュへは、行くまでに2日ほどかかります。日本からアメリカ経由で行く場合25時間でペルーへつきます。 ペルーからクスコまで飛行機で数時間、そこで一日滞在しないといけません。ですのでほぼ2日間。 さらに、クスコから8時間くらい電車に揺られてマチュピチュのあるアグアスカリテンテスという町へ行くので、3日くらいトータルで かかっているかもしれません。 マチュピチュは何度もいけるような場所ではないので、余裕を持っていくとよいでしょう。 また、高山病は本当につらいので薬は持っていきましょう。マチュピチュの景色はすばらしいので一度旅行されるとよいでしょう。