黒酢 効能

黒酢の効能としては、疲労回復や美容健康、殺菌力の強化などの特徴があります。 黒酢は米や玄米、大麦を原料として、1〜3年の歳月をかけて発酵・熟成させた後、 麹菌や乳酸菌の作用によって黒色になったものを黒酢と呼んでいます。 黒酢の栄養素には、必須アミノ酸と約10種類のアミノ酸、クエン酸、ビタミン、ミネラルなどを豊富に含んでいます。 人間の体は、約60%〜78%の水分、20%はタンパク質で構成されています。 タンパク質は、体の重要な機能である脳や筋肉、内臓、皮膚、血液などの元になっているものです。 タンパク質を構成しているものは、アミノ酸であり、人間が必要なアミノ酸は20種類と言われています。 この中で、人間の体内で合成できるアミノ酸は11種類あり「非必須アミノ酸」と呼ばれています。 体内で合成できない9種類は「必須アミノ酸」と呼ばれています。 なので、必須アミノ酸を外から補う必要があります。 必須アミノ酸はとても重要な栄養素で一つが欠けるだけでも栄養障害になる可能性があります。 黒酢にはこの必須アミノ酸が全て含まれています。 それ以外にもアミノ酸を18種類も含んでいます。 体にとってとてもすばらしい飲み物と言えます。

スポンサードリンク

おすすめの黒酢の商品(楽天通販)はこちら

黒酢 効能と飲み方

黒酢の具体的な効能と効果的な飲み方についてご紹介します。 黒酢の効果としては、血液をサラサラにする「赤血球変形能」を改善する効能があるとされています。 このことで、血液の循環不良による病気として高血圧や動脈硬化、糖尿病の抑制、血圧の正常化、コレステロールや中性脂肪の減少 などに効果があります。また、アトピーやアレルギーの改善など様々な効果があるともされています。 黒酢には有機酸が含まれています。有機酸の効能として運動などをすると多く分泌される乳酸を追い出す効果があるため、 疲労回復に効果があります。乳酸は、筋肉を硬化させる効果と肝臓などに疲労物質を試ししまうため、黒酢の効果は絶大だといえます。 また、血液中のコレステロールや中性脂肪を除去する効能があるため、ダイエット効果や美容効果が期待できます。 最近では、ガン細胞の繁殖を抑制する効果もあるのではないかという研究結果もでています。 黒酢の飲み方としては、酸味が強いため甘味のある食品や飲み物と合わせて飲むといいでしょう。 一般的なのが、バナナを輪切りにしたものを黒酢に入れて作る「バナナ酢」です。大体常温で一日で完成するためとても簡単に作ることが できます。ほんのりとした砂糖やはちみつも同時に入れるため結構甘めに仕上がります。 水や牛乳などで割るととても飲みやすくなります。 黒酢の効能は驚くべき効果をあげています。 毎日続けることでダイエットにもつながりますしアンチエイジングにもなります。 すこしずつ飲み続けることがポイントです。