国立市の高校

国立市にある高校は公立から市立までいくつかあります。 国立市は文教地区に指定されていてパチンコ店や教育上このましくない業種は参入できないようになっているため、 教育に力を入れているご家庭はよく引っ越しをされてきます。 国立市にある高校としては、以下のとおりです。
■都立の国立高校
-国立近辺の高校でトップの偏差値をほこり、東京都の公立高校の中でも東大合格者を年に数人出している高校入試は超人気の受験先です。 数十年前は、トップの偏差値高校であるにも関わらずスポーツも強く選抜高校野球で甲子園へ出場するなど文武両道の高校と言えます。 制服はないので、自分で好きな服を選んできることができます。
■都立の第五商業高校
-国立市の唯一の都立の商業高校です。受験者数も毎年多く、簿記をしっかりまなぶ教育が魅力です。 高校の制服も割とかわいいようなので、女の子の高校入試の受験先としてもおすすめです。
■私立の桐朋高校
-小中一貫の進学学校です。偏差値はとても高く、毎年東大合格者を輩出しています。 スポーツにも力を入れていて、文武両道の学校と言えます。 制服はありません。私服を選んできます。
■国立音楽大学
-国立市の音楽専門の私立高校です。作曲家、声楽家、演奏家、歌手、タレントなど多数の人材を輩出している人気の高校です。 女子高生が多いので、ちょっとした女子高に行きたいと思った人はここがいいかもしれません。
■日本放送協会学園高等学校
-通信制課程の私立高校です。高校は通信制なのですが、卒業時には普通科を卒業した時に得られる資格とまったく同じものをもらえます。

スポンサードリンク

高校受験対策商品(楽天通販)はこちら

国立市の高校を選ぶ魅力

国立市の高校受験の際に選ぶ魅力は、何といっても環境だと思います。 国立市は、東京都の中で文教地区に指定されていることもさることながら、大学や高校、小学校など教育に関する学校が集まっているのが特徴です。 大学では国立の文系の偏差値ではトップの一橋大学、体育で有名な東京女子大学、国立音楽大学、料理系でいうと、有名な辻さんが行っているエコール辻があります。 ですので、とても環境としては落ち着いた場所になっています。 勉強もゆったりできる環境ですし、寄り道をしようとはあまり思いませんので高校の中でほとんどを完結するような方向へもっていくこともできます。 また、国立市の魅力は、都立の公立高校受験の偏差値が高い高校が集まっているのはもちろんなのですが、 町の雰囲気が一番の魅力です。芸能人もわざわざ国立市に引っ越してくるほど落ち着いた環境で、4月の桜の季節は 国立中が桜で満開になります。冬の季節にはイルミネーションがきれいに光り輝きます。 高校生には、とてもすばらしい環境になるかと思います。