国立市 保育園について

国立市の保育園の選び方前に重要な点はいくつかあります。金銭面・教育面など様々です。 わかりやすく紹介します。 保育園とは、行政上は保育所と呼ばれています。保育園は一般的な呼び名です。 東京都の中での保育所はいくつかの種類に分かれています。 認可、認可外、認証の3つです。 認可保育所だけを行政上では保育園と呼んでいます。
■認可保育所とは
以下の基準を満たしているところが許可保育所となります。 認可の基準は、[1]原則調理場を設け、8時間の保育実施を行うこと。[2]耐火性準備をしっかり行い、避難経路も十分なものが確保されていること。 [3]職員の中でアルバイトが存在する場合は全体の2割以下にすること等です。
■認可外保育所とは
上記の基準の認可を受けていない保育所のことを指します。ベビーホテル、ベビールームなどがこれにあたります。
※許可があるかどうかは、保育内容のレベルの保証というわけではありません。
■認証とは 認証というのは東京都独自の制度です。 地価が高くて年齢の低い幼児がいる地域に合わせて認証園には本来の国の認可より保育基準が緩めに設定されています。

スポンサードリンク

保育園関連商品(楽天通販)はこちら

保育園を決めるまでに調べる内容

保育園を決めるまでに調べておいた方がいい内容があります。 以下の通りです。
●受け入れ年齢
保育園の受け入れ年齢は一律ではなく、早い園では生後60日程度より預かってくれるところがありますが、5.5〜6ヶ月位からが多数です。
●欠員の募集の有無
4月1日の受け入れに向けて大体前年12月より受付開始を行います。順次、欠員募集を随時行う園もあります。
●職員の人数:
大体3歳くらいまでの幼児に対して何人の保育者がいるかが重要です。大体、保育者3歳くらいまでの子であれば1名程度いればゆとりと言えます。
●保育士(有資格者)
見学にて確認をするといいでしょう。見なければわからないところです。 見方としては、知識の有無よりも、子どもへの接し方、態度が重要なポイントになります
●食事・昼寝・遊具
子供のことを考えたバランスのある食事や運動がなされているかのチェックが必要です。
保育園の料金の例ですが、 料金は、許可と許可外などで違いがでます。 例えば、世帯年収が約700万円で子どもが1人いる家庭の場合、 認可保育園の場合:月額約2万〜5万円程度。 認可外保育園の場合:基本料金7万〜8万円+給食費、延長料金込みで約10万円程度です。 できるだけ、許可保育園にしたほうが値段的には安くなります。