子供 どもり 原因

突然、子供がどもりになっていた。どうやって直してあげたらよいかわからない。 子供のどもりの治療法などをお伝えします。 子供のどもりは、色々な原因で起こります。どもりは、吃音症(きつおんしょう)と呼ばれていて言語障害の一種ととらえられています。 言葉がうまく発することができない、連続して話してしまう。無音状態が続くなどの症状が起こるのですが、 どもりの明確な原因はまだ明らかになっていないものの、心理的な問題によるものが大きいのではないかということが最近の研究結果にて わかってきました。 どもりの原因やパターンも一つではなく複合的な場合もあります。 ですので、どもり(吃音)は一人一人のタイプに合わせた治療する必要があるのです。 主な治療法としては、聴覚言語のフイードバック装置で話し方・読み方の速度をコントロール(矯正)する方法や ゆっくりしゃべらせてしゃべるリズムをつかむ治療法など様々です。 それぞれの要因、心理的原因、発音、呼吸、リズム、話す際のイメージなどを改善する必要があります。


どもり対策


どもりの直し方


どもりの詳しい対策方法はこちら


どもりの直し方

子供のどもりの原因克服

どもり(吃音)は、心理的な問題によるものが大きいと前述しました。 どもりになった原因はなんであれ大半の子が克服できるものなのであまりあせらず改善していく必要があります。 どもりの原因になっている一番は、環境です。子どもが話そうとする時に、プレッシャーやストレスから話すことが できなくなります。まずは、子どもが話そうとした際には、どもりがでてもゆったりと落ち着いて聞いてあげましょう。 子どもが話している最中に、どもっていることを注意したり、矯正(直そう)とすると逆効果です。 心理的な面が強いのですから、さらに不安を増幅させてしまい治るものも治らなくなります。 まずは、家庭での緊張を取り払うことと、外で何か緊張してしまったりプレッシャーになってしまうことはないかを 確認してみましょう。子供によっては保育園や小学校などでの行事ごとや友達関係などでストレスを抱えてしまい うまくしゃべれなくなっているというケースもあります。 原因を克服できるか不安に感じられる場合には、市販のプログラムを試されるか、児童相談所や保健所に相談してみるとよいと思います。