子供 どもり 治療

子供がどもりになってしまったら不安で治療方法や治し方を気にされると思います。 まず、子供のどもりの治療の前になぜ起こるか紹介します。
どもりとは、言語障害の一種で、言葉を発するときに連続できなかったり、瞬間または、一時的に 無音状態が続くなどにより、円滑に言葉を話すことができない疾病です。別名、吃音症(きつおんしょう)と呼ばれています。 どもりの原因は、まだ明らかとなっていません。心の問題ではないかという考えられています。 最近の研究で分かってきたことですが、どもりの原因は、特定のパターンがあるわけではなく個々人によって異なるため克服の仕方も その人に合わせた改善が必要なようです。 ですので、どもりの改善を行うためにはいくつかの治療法によりやっと完治するという感じで長期間に渡り取り組む必要があります。 どもり(吃音)の直し方(矯正)の仕方としては、心的な原因、呼吸法・発音法、リズム、話す時のイメージなどを改善する必要があります。 根気強くやっていきましょう。


どもり対策


どもりの直し方


どもりの詳しい対策方法はこちら


どもりの直し方

子供のどもりの治療

どもりは精神的なストレスによるものが大きいですから、ストレスとなっているものを取り除く必要があります。 子供が話す時に、どもりがひどい場合には「ゆっくり話してごらん」というように言葉を話すのに、 あせらなくても大丈夫という態度をしめす必要があります。 ゆっくり話す治療を行ってもだめがほとんどかもしれませんが、原因としては家庭環境や外での環境の問題の可能性があります。 例えば、家庭環境では両親がとても教育に厳しくしつけたり、家の中で緊張状態を強いられる場面が大きかったりすると不安や ストレスが増大してしゃべることに抵抗をうけてしまいます。それ以外だと子供に兄弟が生まれたことで親が子供をかまってあげなく なると子どもは両親の注意をひくためにどもったりします。これは無意識でやってしまっているケースがほとんどで、癖がしみつくと なかなか治すことが難しくなります。また、神経質な子どもにあるケースですが、外での環境、例えば学校行事などに出たくないなど人の前に でることが嫌だと感じたりする子は、その不安を克服できずどもりになってしまう場合があります。 つまり、心理的な面が強くでるので子供にどもりがでた場合には、治療法(矯正)として、 最近ストレスを抱えていることを確認しうまく取り除いてあげるようにしましょう。