大豆レシチンの効果・効能

大豆レシチンは細胞膜を作る重要な成分で肌や内臓、脳や神経などの細胞を若々しく保つため、若返りの栄養素と呼ばれています。 大豆レシチンとは、大豆に含まれる物質の不飽和脂肪酸のことです。 レシチンはリン脂質と呼ばれる脂質の一種で親油性(油になじむこと)の働きと親水性(水になじむこと)の働きの両面の役割をしています。 レシチンは、天然の乳化作用の役割をしていて、血管の内側にこびりついたコレステロールを溶けやすくしたり、 細胞の中の不要な老廃物を血液の中に溶かすことで血行をよくしてくれます。 血が流れにくくなると新陳代謝にも影響しまうので、とても重要な効果をもたらしてくれます。 つまりは、動脈硬化を抑え、脳出欠を予防する効果や、ダイエットのカロリーコントロールにも効果が期待できます。 ダイエットをする際に、肩こりや冷え症などの症状を軽減してくれるのが大豆レシチンの効果・効能です。


大豆 レシチン関連商品(楽天通販)はこちら




大豆 レシチン関連商品(楽天通販)はこちら



レシチンの摂取方法

レシチンを摂取する際には、レシチンを多く含む食品から取るか、サプリメントで摂取するかのどちらかになります。 食品から取る場合は、卵黄、大豆、大豆加工品(納豆、豆腐など)、ピーナッツ、酵母などがレシチンを多く含んでいます。 サプリメントから摂取する場合は、レシチンの成分が入っているかどうかを確認した上で使用しましょう。 大豆レシチンは、ビタミンA、ビタミンEといった脂溶性のビタミン剤、プロテイン剤などにも配合されています。 サプリメントを選ぶ際には、グレードの高い顆粒タイプのがいいでしょう。 安く買えるカプセルや錠剤は含有量が少ないものがほとんどです。 大豆レシチンを顆粒、粉末状にしたものは通販、薬局で購入できます。 栄養の摂取の際の注意点ですが、ビタミンなどの栄養素はバランス良く取る必要があります。 どれかひとつが大きく欠如していると、他の栄養素がうまく吸収することができずいくら摂取しても吸収されることはありません。 ビタミンやアミノ酸などはお互いに友達がいるというようなイメージをもっているといいと思います。 ですので、たとえば、ビタミンCだけいくらとっても尿に溶け出して流れてしまいます。 大豆レシチンも同様ですので、他の栄養素をバランスよく取ることに気を付けてください。