アラフォーとは

アラフォーとは、around40(アラウンドフォーティー)の略で、40代にて独身で将来に対して漠然と不安を持っている人を指します。 なぜ、40代になって独身の人たちが増えてきたのか。それは、アラフォー世代は、男女雇用機会均等法により女性の社会進出が 活発化し仕事と結婚を比較的自由に選択できるような独立した女性が増えたことがいえるでしょう。 また、以前までは出産のリミットがあり、将来についての不安から結婚を行う女性が多かったのだが、 医療の発展により高齢出産に対してのリスクが少なくなったことも理由として言えます。 高齢出産が以前ほど危険ではなくなっていることは人口動態統計をみてもわかります。 女性が第一子を産む平均年齢が1990年には27.0歳だったのが、2005年には29.1歳まで上昇。 35歳から44歳までの女性が出産した子供の数は、1990年に約10万人だったが2005年には約17万人まで増えています。 着々と年齢が上がってきています。 アラフォーは元々はアラサーという概念から派生した言葉です。 アラサーはアラウンドサーティー(around 30)の略で30代の女性という意味です。 女性雑誌で使われ始め、アパレル業界に広まりました。


アラフォーお気に入り商品(楽天通販)はこちら




アラフォーお気に入り商品(楽天通販)はこちら



アラフォー 世代

アラフォー世代については、ドラマにもなりメディアはとても注目しています。 最近は、アラフォー世代の女性を主人公にしたドラマ「Around 40?注文の多いオンナたち?」が放送されました。 主演は、天海祐希、共演者に藤木直人、大塚寧々、筒井道隆、松下由樹がでていたが、 ドラマにて人気女優を起用することでアラフォーの意味を表現し、同世代の仕事・結婚・出産などをテーマにうまく描かれています。 また、最近ではフジテレビのお昼バラエティーで有名な番組「いいとも」でもコーナーでアラフォーを扱っています。 また、ドラマ「四つの嘘」で40代の独身医師が登場するなど、今注目の言葉と言っていいでしょう。 アラフォーといえば、最近結婚した渡辺真理さんもその一人でしょう。 以前までは、30歳以上の独身女性=負け犬と表現されていましたが、そういう概念自体が薄れてきているようです。 ただし、ドラマの元になった女性たちはの普段は口にはしないようですが、思い悩む面が多数あるようです。 何が幸せかは自分たちが考えればいいことなのですが、年齢が上がっていくことで将来について思い悩む人の数が増えるのも事実。 今後について考える必要があるようです。